学部・学科紹介

  1. トップページ
  2. 学部・学科紹介
  3. 社会福祉学部 児童福祉学科

児童福祉学科

子どもの健全な成長を支援できる豊かな感性を持った保育者・教育者を養成。

核家族化、共働きの一般化、地域社会の人間関係の希薄化など、子どもの成長を取り巻く環境は大きく変化しています。本学の児童福祉学科では、家族や地域社会からの子育てに関する相談や、福祉・教育関係機関との連携のあり方など、広い視野で子育て支援ができる専門家として、幼稚園教諭、保育士、養護教諭の3資格の取得を目指します。

学科の特徴

  1. 資格取得に結びついた専門的な科目を数多く用意

    児童福祉学科のテーマは、子どもの心と身体の、健全な発達・成長を支援できる専門家の育成。心と身体の発達プロセスと、それに影響を及ぼす社会的な要因について、総合的に学びます。多様な知識と技術を修得するための専門的な講義・実習・演習科目を数多く用意しています。

  2. 子どもの発達支援に必要な5つの支援領域

    子どもの心と身体の発達支援に欠かせない、「子育て支援」「感性育成支援」「健康支援」「障害児支援」「家庭・地域支援」の5つの支援領域を中心に、子どもたちのさまざまな障害や心の問題、病気やケガなどに適切に支援できる能力を養います。

  3. 現場での実践力を養う充実の環境

    本学科の設置に合わせて建設された校舎には、「保健学実習室」「図画工作室」「音楽演習室」「ピアノ室」などのほか、吹き抜け空間には「リトミック室」も設置し、子ども支援の実践力を養う充実した環境が整っています。ここでの活き活きとした体験や学びが、子どもの発達支援に必要な豊かな感性を育みます。

取得できる資格・免許

保育士資格幼稚園教諭1種免許状養護教諭一種免許状、特別支援学校教諭1種免許状(基礎免許は幼稚園教諭免許)、社会福祉主事任用資格 など

将来の主な進路

保育士、幼稚園教諭、児童福祉施設、小・中・高・特別支援学校の養護教諭、福祉事務所、福祉センター、一般企業 など

大学案内 資料請求